いつだって全力で君が好き

掛け持ちバンザイ

4年後に夢を託して

久しぶりの更新なのに話題はジャニーズのことではありません。←

 

 

 

 

今日は、男子バレーのことです。

 

 

 

どうしてもこの気持ちをどこかに残しておきたかったし、誤解してる人たちに少しでも伝わればいいと思って書きます。

このまま黙ってはいられない。

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、昨日、日本はオーストラリアに負け、リオオリンピック出場を逃しました。

 

 

 

これが今の日本の実力。

そこはしっかりと受け止めなければならない。

 

 

 

 

 

 

だからといって、彼らがちゃらちゃらしてるからだとか、

マスコミに踊らされて浮かれてるからだなんて、

 

そんなわけあるかい!!!!!!!

 

と、声を大にして言いたい。

 

 

確かに、マスコミの過剰な持ち上げ方はいかがなものかと思う。

イケメンだなんだとはやし立て、いかにもオリンピック行けちゃうぞ☆

みたいな報道して煽って、ミーハーな顔ファン増やしたことに関してはどうかと思う。

 

 

 

だけど、ここ数年続いた男子バレーの氷河期をぶち壊してくれたのは紛れもないあの子たちです。

そして、W杯で見せた活躍に、希望の光を見いだせたのも事実です。

この子たちなら何かやってくれるかもしれない、って本当に思いました。

 

 

だからこそ、彼らは自分たちのすべきことをちゃんとわかってるし、

誰よりもこのアイドル化されることに苦しんでいたと思う。

周りだけが勝手に盛り上がって、やりたくもないことやらされて、

もっと練習に時間割きたかっただろうし、きゃーきゃー騒がれてうるさかったことでしょう。

 

 

そんな中で、次の大会は自分が狙われると自覚をもって

膝の負傷でジャンプができないときでもレシーブ練習を重点的にやって、

完璧じゃない中で自分にできることをと取り組んできたんです。

 

 

 

 

 

そんな彼らに批判の矛先を向けるのは違うと思う。

 

 

 

 

そして今回の結果を受けて監督が退任の方向に・・・

 

ってそれもどうなのかなあと私は思うわけです。

 

 

 

 

 

あんな弱小だった日本をここまで連れてきてくれたのは南部監督です。

 

 

 

 

代わり映えのしないメンバーに、変わり映えのしないプレーに、

勝てる気の全くしなかった全日本男子を変えてくれた人です。

 

 

 

まだまだこれからだと思うのに。

南部さんが見つけ出した若手を、これからどんどん磨いてほしいんです。

輝かせてほしいんです。

そのためにもここでやめてもらってほしくない。

 

個人的な願いではありますが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だけど、やはり日本は弱かった。

これはもう間違いなく。

 

 

 

ここぞというときに決められない

リードしてても逃げ切れない

20点超えた時の1点の取り方、切り方

 

 

そして何よりサーブ

 

 

 

 

 

 

 

W杯ではサーブで攻められたからこその好成績だったと思います。

もちろん、若手を揃えてきたことで相手にデータがなかった分

ブロックなど捕まりにくかったっていうのも大きいですが。

 

 

 

 

今回はそのサーブで攻められないどころかミス連発。

確かに強豪国相手に、入れるだけのサーブでは強打を打たれて終わりってのもある。

けど、まずは入れないことには、チャンスさえも生まれない。

何もしないで相手に1点与えるなんてもったいなすぎる。

チャンスサーブでも入れれば、ブロックだったり、レシーブでこっちから攻撃に持っていくっていう可能性だってある。

それなのに今回はそのチャンスサーブですら入れられない。

 

こんなんじゃ当然勝てっこない。

 

 

 

リードしてるときに攻めるサーブは勢いつくし、そういうときのはミスしてもいい。

けど、20点超えてて、こっちが負けてる時のサーブっていうのはもっと考えて打ってほしかった。

 

 

 

 

 

それから今回ブロックにつかまることが多くて、

ただやみくもに打ってたらそれこそ4年前と変わらないじゃん。

石川くん柳田くんにはよねさんみたいになってほしいです。

今回もよねさんはうまかった。さすがです。

身長同じくらいの柳田くんにはあのテクニックは必須。

そして身長ある石川くんがあれできるようになったら強みになるんだけどな~・・・

 

 

 

 

 

 

清水さんは、前に比べたら

ものすごく頼りになる素敵なキャプテンでした。

 

 

昔は打ってもすぐブロックされてた印象でしたが、

今回は苦しい中決めてくれる頼もしい存在でした。

だけどやっぱり変わってない部分もありつつ・・・

 

 

 

でもほんといいキャプテンでした。

 

 

 

 

あとはでもほんと気持ちの問題だよね。

女子にはあった気迫を男子からは感じられなかった気がします。

 

 

イタリア戦の木村のような鬼気迫る表情は男子では見られなかったかな。

 

 

 

男子にも木村みたいな大事なとこで必ず決めてくれる絶対的エースがいたらまた違ったんだろうなー・・・

 

 

石川くんにはまだ足りないかな。

真剣な顔っていうよりはちょっとイライラしてる?って感じだったし。

エースだからこそ、感情的になったらだめだと思う。

これからまた次に向けて、そこももう少し成長期待してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それから、男子にも女子にも言えることだけど

 

セッターがなあ~・・・

 

 

女子のはちょっともうイライラしまくってたんだけど、

 

深津さんもちょっとバタつくとトスが低かったり近かったり、

偏りがちになってたり・・・っていうのが気になりました。

 

 

その点関田さんは安定感あってよかったな~

身長がもう少しあれば完璧だったのにな~

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ、見てる方は何とでも言えますからね。

選手たちが一番分かってるだろうし、

外野の素人がとやかく言うことではないのは分かってるんですが、

どうしても言いたかった。

 

 

偉そうなこと言って申し訳ありませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにわたくし中学の時からずーっと全日本の試合だけはテレビで欠かさず見てた茶の間ヲタです。

山本さん→越川→よねさんときて去年のW杯で柳田くんファンになってついには会場まで行くようになっちゃった奴です。

(結局お前もミーハーな顔ファンじゃねえかっていう突っ込みはなしにしてくださいw)

 

 

 

 

 

 

 

追記

 

結局何が言いたいのかというと、

たいして見てもいないくせにくだらない事書くな!

イケメンでスポーツもできるからって僻んでるだけだろ?!

ってことです。